サイトメニュー
閉じる

302-3521957年(昭和32年)~1997年(平成9年)

302-352号車(在籍:昭和32年~平成9年)昭和4年に製造された101・102号車を、32年に改造してデビューしました。その小柄な車体は、近年の江ノ電のイメージとして定着していますが、最期まで冷房化されることなく、また古い性能のままでした。引退後、2両は離れることなく山梨県南巨摩群富沢町にあるオートキャンプ場『ターキーズハウス』でバンガローとして第2の人生を送っています。なお、同じ時期に改造された303-353号車は、冷房化・新性能化され現在も活躍を続けています。