サイトメニュー
LANGUAGE
閉じる

経営理念

江ノ電グループの経営理念

江ノ電グループは、この地域に集う人々の「かけがえのない時間」、「やすらぎの心」、「ゆたかなくらし」の実現に貢献します。

江ノ電グループ 経営理念 4つのV

江ノ電グループの経営理念はこの4つのVから構成されていて、
それぞれ、江ノ電グループの“歩”“誓”“挑”を表現しています。

江ノ電グループ 経営理念 4つのV

私たち江ノ電グループは、1902年(明治35年)に藤沢から江ノ島までの鉄道を開業してから、この湘南、鎌倉の地域で様々なサービスを提供してきました。

そしてこれからも、この地に集う人々に価値ある時間や空間を創造し、よろこびと「やすらぎの心」に満ちた「ゆたかなくらし」をお届けするお手伝いをしていきます。

江ノ電グループは事業を通じて社会的役割と責任を果たし、信頼される存在として社会の発展に貢献していきます。

経営方針=Enoden Way“街道“

この湘南、鎌倉の環境と⽂化を守り、これからも地域とともに歩みます。
お客さまが求め集える、より安⼼で快適な“街”と“道”を育む「顧客創造企業」として歩みます。
未来を⾒つめ、誇りを持って⾃ら考え⾃らの⾜で歩みます。

この地では、⾵光明媚な⾃然と江島神社への信仰により、各地からの参詣が盛んとなり、そのための道が形成されてきました。
また、古くは武家の古都鎌倉への鎌倉街道や東海道等、道が交錯し街が発達してきました。江ノ電の発祥は、この江の島詣での利便のために鉄道が発起されたことにあり、それより110余年の時を、江ノ電は⾛り歩み続けています。

このことから、私たちの歩みを“道”Wayとして捉え、そして⼈々の集う“街”と“道”を守り、これからも歩み続けて⾏く思いから、経営⽅針Enoden Way“街道”として表現しています。

この3つの経営⽅針は、私たちがこれから先も守り続けていく価値観であり、江ノ電グループが事業を展開するうえで、「社会」に対し、「お客さま」に対し、そして「⾃⼰」に対して進むべき“道”を⽰しています。

私たちはこの地域の環境と⽂化を守り、お客さま起点でこの地に集う⼈々の期待に応え、より安⼼で快適な価値を創造することで地域に貢献していきます。そして経営理念の実現に向けて未来へと⾃信を持ってしっかりと⾃分で考え⾃分の⾜で歩むことで、継続した発展を⽬指します。

行動指針=Enoden Value“価値“

私たちは地域貢献を第⼀にすることを誓います。
私たちは情報を公開し公平、公明に事業をすることを誓います。
私たちは⼈間を尊重し⼈を育てることを誓います。
私たちは感謝の気持ちで「おもてなし」することを誓います。
私たちは熱意を持って仕事に取り組むことを誓います。
私たちは素直な⼼で⽇々鍛錬することを誓います。

私たち江ノ電グループの経営理念を共有し、活動するすべての関係者の⾏動指針です。
⽇々の仕事での価値判断となるもので、私たちはこれらを、Enoden Value“価値”として社会に誓います。

1〜3は主に組織としての、4〜6は主に個としての、それぞれの⾏動指針を⽰しています。そしてこの価値判断の底流には、鎌倉武⼠の精神を伝える逸話「鉢の⽊」の⼼を模範としています。
清貧の中にも「おもてなし」の⼼を忘れない、そしていざという時には、我が⾝を捨ててでも世のために尽くす姿です。そのために私たちは⽇々、新しい情報を求め仕事の能⼒を磨きます。

経営目標=Enoden Vision“目標“

この湘南、鎌倉の様々なエリアで地域貢献№1の企業に挑みます。
「上質」なサービスを創造し、海外でも聞き知られる企業に挑みます。
幅広い視野を持つ⼈材の育成と、様々な⼈々が協働する組織に挑みます。

Enoden Vision“⽬標”は、10年後の私たち江ノ電グループのあるべき姿を⽰した、挑むべき経営⽬標です。
そしてこれらは、未来へとつながる Enoden Way“街道”の道しるべでもあります。

私たちはこの湘南、鎌倉の地域で公共交通機関として街の発展を⽀えてきました。この間⾏き交う⼈も変わり⽣活も変わる中、幾多の災害や苦難があってもこの地域とともに歩んできました。

今、時代は移り、少⼦⾼齢化やグローバル化等社会の環境は⼤きく変わりつつあります。だからこそ、私たちはこの地域のあるべき姿を、ともに考えともに築いて⾏きたいと考えています。

江ノ電グループはこの地域の様々な場所で様々な事業活動を通じて地域に貢献するナンバーワンの企業に挑みます。そして、常に「上質」なサービスを創造することで、この地域の価値を海外へ発信して⾏きます。
これらを実現するためにも、視野を広く持つ⼈材の育成に、様々な⼈たちと語り合え、協働していける組織づくりに挑みます。

江ノ電グループの事業方針

江ノ電グループは皆さまから愛され、地域とともに発展する企業を⽬指し、全社員⼀丸となり、たゆまぬ努⼒を続けてまいります。

地域環境の保全・発展 観光施策の強化・推進 お客様の満足の促進

私たち江ノ電グループは、1902年(明治35年)に藤沢から江ノ島までの鉄道を開業してから、湘南・鎌倉地域で様々なサービスを提供してまいりました。

そして、現在、江ノ電グループは鉄道業、⾃動⾞業、レジャー・サービス業、不動産業、その他事業の5事業4社体制で、湘南・鎌倉地域に集う⼈々の、「かけがえのない時間(とき)」、「やすらぎの⼼」、「ゆたかなくらし」の実現に貢献するグループ経営理念のもと、地域に密着した事業を⾏っております。

現在、江ノ電グループの事業環境は、鉄道・バスの沿線⼈⼝が 100万⼈を超える⾸都近郊のベッドタウンであるとともに、年間3,400万⼈の観光客を擁する⽇本屈指の観光地でもあり、お客さまは「⽇常の快適な⽣活」を求める沿線住⺠の皆さまと、「⾮⽇常的な空間や体感」を求める観光客の皆さまにより構成されております。

江ノ電グループは、110 余年にわたり、湘南・鎌倉地域を拠点として発展してきた企業として、恵まれた地域環境を守るとともに、更なる発展に貢献すべく、観光施策を強化・推進してまいります。

更に、経営⽅針である「顧客創造企業」として、⾃ら創出する商品やサービスの提供等を通じ、観光客の皆さま・沿線住⺠の皆さまの満⾜の促進を⽬指します。

今後も江ノ電グループは、110 余年にわたる皆さまからの信頼に資する、地域に密着した事業活動の誠実な遂⾏と、歴史に⽢んじることない新たな価値創出を通し、社会の発展に貢献するとともに、「安全・安⼼」、「社会・地域貢献活動」、「環境活動」、「リスクマネジメント」等、多岐にわたる取り組みを進め、社会的責任を着実に果たし、皆さまから愛され、地域とともに発展する企業を⽬指し、全社員⼀丸となり、たゆまぬ努⼒を続けてまいります。