サイトメニュー
閉じる

1081931年(昭和6年)~1980年(昭和55年)

108号車(在籍:昭和6年~昭和55年)107号車と共に昭和55年の引退まで『タンコロ』として活躍しました。昭和57年に107号車が鎌倉市に引き取られて江ノ電の線路から離れた後も、この108号車は車庫に留まり続けました。そして開通85周年を迎えた昭和62年に全面的に改装されて、現在も自走可能な状態で極楽寺にある検車区(車庫)に保存されています。毎年行われている『タンコロまつり』で一般公開されています。