サイトメニュー
閉じる

1071931年(昭和6年)~1980年(昭和55年)

107号車(在籍:昭和6年~昭和55年)昭和初期に製造された新型車のうち、106形107号車として昭和6年にデビューしました。当時の江ノ電は、路面電車のイメージそのままで、1両(単車)だったことから『タンコロ』と愛称が付けられ、皆さまに可愛がっていただきました。同じ頃に製造された車両が2両編成に改造されたり廃車されるなか、この107号車は兄弟の108号車とともに、その最期の時まで1両での活躍を続けました。昭和55年の引退後57年に鎌倉市へ寄贈され、現在は鎌倉海浜公園(由比ヶ浜地区)に保存、展示されています。