サイトメニュー
閉じる
ルート・時刻表検索サービス
総合トップバス安全管理に関する取組み

安全管理に関する取組み

2015バス安全報告書

目次
1. 利用者はじめ沿線の皆さまへ
P1
2. 輸送の安全に関する基本方針
P1
3. 輸送の安全に関する目標・実施結果
P2
4. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
P3
5. 輸送の安全を確保するための取組み
P4〜13
6. 内部監査結果及び改善措置
P13
7. 2015年度輸送の安全に関する業務計画
P14
8. 輸送の安全に関する組織体制
P15
9. 安全統括管理者
P15
10. 安全管理規定
P15
11. ご連絡先
P15

江ノ電バスの安全への取り組み

アルコールチェックで飲酒運転を根絶!

全乗務員に対して出勤・退勤の点呼時にアルコールチェッカーによる飲酒検査を実施しています。
また飲酒インストラクターの面談指導の他、安全講習会の中でも飲酒に対する教育を強化するなど、飲酒運転の根絶に取組んでいます。

記録装置で事故防止!

全車両にドライブレコーダー・デジタル運行記録計を設置し、事故防止・安全教育・運転技術の向上・事故分析および原因究明に活用しています。

安全運転技術向上の取組み!

管轄の警察と連携し、営業所ごとのエリア内の交通事故状況の把握と安全に関する指導を行う安全運転講習会を実施している他、二俣川運転免許試験場にて安全運転競技大会を年に1回実施。
各営業所から選抜された運転士が筆記や点検・運転技能を競い、基本技術の再確認をしています。

防災の取組み!

路線バスには緊急地震速報を感知すると自動受信するラジオを設置している他、避難マップを携行しています。またお客様の安全を再優先とした適切な避難行動がとれる様、訓練・教育を行っています。