サイトメニュー
LANGUAGE
閉じる
総合トップ電車江ノ電駅員がゆく 沿線さんぽvol.2

江ノ電駅員がゆく 沿線さんぽvol.2

2019.04.15
お知らせ

春風も吹き、気分も花粉も絶好調の今日この頃。
皆さま、いかがお過ごしですか?

江ノ電おさんぽリーダーの「会長」でございます。

前回、駅の掲示板からホームページへの掲載に昇格し、継続できるかハラハラしておりましたが、皆さまの閲覧数のおかげで継続決定いたしました。

私、会長はより一層皆さまに江ノ電沿線の情報を伝えてまいりたいと思いますので引き続きお願い致します。

ホームページ連載第2回目のおさんぽテーマは、「鎌倉の春の植物に関心を寄せてみる…」です。

今回は、佐助稲荷神社から極楽寺へ至る尾根伝いのコースを辿りながら春を感じるおさんぽです。

厚手の上着を脱いでLet’s・OSANPO♪

鎌倉駅を出発して閑静な住宅街を抜けると今回の裏大仏ハイキングコースの入り口となる佐助稲荷神社です。

商売繁盛や出世開運のパワースポットとして知られていますが、今は縁結びの祈願に訪れる人も多いようです。

赤い幟旗に彩られた数十の鳥居をくぐり、階段を登りつめると社殿があり、狐様が出迎えてくれます。

社伝によると、源頼朝が伊豆に流されていたとき夢のお告げで旗挙げを促した「かくれ里の稲荷」を佐助稲荷と名付け祀ったと書かれています。

そんな佐助稲荷神社の奥に行くと裏大仏ハイキングコースがあります。

そこで見つけたこんな花たちをご紹介します。

まず初めはアブラナ科のハナダイコンです。

江戸時代に中国から伝わったとされる花が大根の花に似ていることから、この名前になったとか。

また三国志で有名な諸葛亮孔明が戦の先々でこの種を蒔き、兵士の食糧となるよう栽培したことから、

諸葛菜(しょかっさい)の別名もあるそうです。

この薄紫の綺麗な花、ハナダイコンは2種類あり、食べられない種類もあるのでご注意を。

お次はキブシです。

ぶどうの様な形の花が垂れ下がる。

キブシの花は、山菜でもあり、受粉する前の花はおひたしや天ぷらにして食べることができるみたいです。

また、実から黒い染色が採れ、 この染料を代用して御歯黒に使われていたそうです。

続きましては、モミジイチゴです。

葉の形が紅葉に似ていることから、モミジイチゴ(紅葉苺)というそうです。

白い花は下向きに咲き、果実は5月頃に、黄色に熟し食べるととても美味しいです。

さてお次の食材は…あっ、花はカラスノエンドウです。

淡い紫紅色をした可愛らしい花です。

エンドウ豆に似たさやは、次第に先の方から黒くなり、最後は皮がねじれて音を立てて割れ、種子を飛ば出します。

若いさやは料理の食材にも使われており、黒く熟した実も食べることができ健康効果も期待できるという話も聞きます。

そして春を代表するものと言えば、この土筆ですよね。

スギナの胞子茎をツクシと呼び、ツクシの方は佃煮や天ぷらで食べられます。

お次はオオイヌノフグリです。

誰でも一度は目にしたことがある花だと思いますが、名前までは知りませんでしたよね。

早春に咲く、とても可愛らしいコバルトブルーの花ですが、名前の由来はイヌノフグリの実の形状が、犬の睾丸に似ていることから名づけられたそうです。

すごい発想力ですね。

最後の花はすみれです。

歌の歌詞にもよく用いられる花です。園芸品種ではパンジーが有名ですよね。

このすみれも葉は天ぷらに、花の部分は酢の物等で食べられますよ。

以上、春の美味しい花でした…

ちょっと主旨が変わってしまいましたが、裏大仏ハイキングコースを歩いていると様々な花に出逢うことができます。

お花の話でお腹いっぱいになったところで、このハイキングコースからの景色をご紹介させていただきます。

尾根からは木々の間からご覧のような景色が見ることができます。

眼下には相模湾が拡がり、画像では分かりづらいですが、ほんのりと大島も見ることができました。

ここまで頑張って歩いてきたご褒美ですね。

全体的に画像が分かりづらくてすみません。

もっともっと素敵な写真が撮れるよう精進致しますので、どうか温かい目で見守ってください。

―完―