サイトメニュー
LANGUAGE
閉じる
総合トップ電車車両の検査期間超過について(お詫び)

車両の検査期間超過について(お詫び)

2017.11.21
お知らせ

当社の一部の車両1編成(2両)において、本来、検査を実施すべき時期を超過して走行させていたことが判明いたしました。なお、該当車両については、本日定期検査を終了し、異常がないことを確認しております。

ご利用のお客様に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

1.経緯及び判明した事象

鉄道事業法に基づく法令では、車両について、一定期間に応じて検査を行うよう義務付けており、3ヶ月を超えない期間のうちに、車両の定期検査を行うこととされております。

しかしながら、社内で確認いたしましたところ、当社の一部の車両1編成(2両)において、本来、検査を実施すべき3ヶ月を超過して列車を走行させていたことが、11月20日(月)に判明いたしました。

 

2.超過期間

2017年11月4日~11月20日(17日)

 

3.原  因

検査時期につきましては管理台帳により検査時期を計画しておりましたが、計画変更の際、検査期間の確認漏れがあったためです。

 

4.再発防止策

担当区所での検査時期の確認方法を改善するとともに、新たに管理部署による検査期間の確認を徹底してまいります。

 

以 上