サイトメニュー
LANGUAGE
閉じる
総合トップグッズ江ノ電グッズ 新商品の発売について

江ノ電グッズ 新商品の発売について

2018.11.27

江ノ電グループの江ノ電エリアサービスでは、2018年12月から次の新商品の発売を開始いたします。

・くるっとえのでん
かつてタンコロと呼ばれ親しまれ、現在は保存車として極楽寺の車庫にて保管している108号をモデルにしました。江ノ電カラーであるグリーンとクリームを纏った1両の車体には大きなネジハンドルがついており、これを回すとタンコロが動き出しますが、ある程度走行すると“くるっと”方向転換し、また走り出します。
大きめのネジハンドルが回転しながら走り回る姿はとてもユーモラスです。

1個  860円(税込)
発売日  2018年12月3日 江ノ電グッズショップ(藤沢店・江ノ島店・鎌倉店)
※12月1日・2日「タンコロまつり」会場にて先行発売

・江ノ電トレインタグコレクション
トレインタグとは江ノ電が手がける新しい鉄道グッズです。
元々は、フライトタグといって航空機の整備場において重要整備個所や注意箇所に取り付け、ぶら下げておいて整備が終わった後、フライト前に取り外すといった物ですが、近ごろでは各エアラインがグッズとして様々なデザインのものを発売しています。
江ノ電ではこれに江ノ電らしいデザインを施し、“トレインタグ”としました。
第一弾は江ノ電の顔「300形」をメインに添え、裏面には江ノ島と300形の側面のシルエットを配しました。デザインもプリントではなく刺繍で再現されています。
コレクションというからには今後の展開が楽しみかも。
キーホルダーとしての他、バッグなどの目印にも最適です。もちろんコレクションアイテムとしても。サイズ約130㎜×32㎜(リング部含まず)

1個 500円(税込)500個限定
12月1日・2日 「タンコロまつり」会場にて発売。
グッズショップやオンラインショップでの発売は未定です。

・300形行先表示板(複製品)
ついに登場します。
これまでにも熱烈な江ノ電ファンの皆様から再三のご要望がありました300形の行先表示板のレプリカを発売します。
レプリカといっても、本物の鉄道車両を扱う業者様で製作しました。
表示は「藤沢-鎌倉」(ローマ字入り)で、裏面は無地となっています。

(写真はイメージです。実際と異なるところがございます)

1枚  30,000円(税込)販売数15枚
12月1日・2日 「タンコロまつり」会場にて発売。
グッズショップやオンラインショップでの発売は未定です。