サイトメニュー
LANGUAGE
閉じる
総合トップグッズ江ノ電 車両クリアファイル 1000形・2000形 発売

江ノ電 車両クリアファイル 1000形・2000形 発売

2018.01.26

江ノ電グループの江ノ電エリアサービス(株)では、2018年2月3日より江ノ島電鉄の代表的な車両として活躍中の1000形と2000形の車両をデザインしたクリアファイルを発売いたします。

 

1000形は1979年に江ノ電が48年ぶりに登場させた完全新造車両として誕生し、翌1980年には鉄道友の会が選定する「ブルーリボン賞」を中小私鉄車両として初めて受賞しました。その後、同系列の車両は1987年までに全6編成12両が登場し、現在活躍中の車両の中では最多グループとなっています。中でも1986年・87年登場の1500番台の車両はサンライン塗装と呼ばれる暖色系の塗装を纏って登場しました。1980年代後半からは広告電車や様々な企画によるラッピング車両になったほか、2000年代に入ってからは20形に倣ってグリーンとクリームのツートンカラーに金線が入った標準塗装となるなど、その形態は数えきれないほどありました。

今回は登場時のカラー(復刻時)にサンライン塗装(復刻時)、嵐電号(京紫)、標準塗装の4種の車両の前面と側面がデザインされています。

 

2000形は1000形に次ぐ新造車両として1990年にデビューしました。屋根まで届く大型の前面窓や運転室後方のシートの向きの変更など車内からの眺望を考慮した作りになっているほか、連結(連接)通路側のシートは、旧500形登場時以来のクロスシートになるなど、これまでにないコンセプトのもと作られた車両で、同年には通産省(当時)の「グッドデザイン商品」に選定、翌年には藤沢市から「ふじさわ都市デザイン賞」を受賞しています。

2016年には、2001号-2051号が大きな車体更新工事を施され、前面腰部にあった行先表示器は前面窓上部に移設され、同時にフルカラーLED化になったほか、シングルアームパンタグラフへの交換、車体カラーの標準塗装化など大きな変化が見られました。

2017年には同様の工事を2002号―2052号に施しています。

今回はこの更新工事後(2001-2051)と工事前(2002-2052)の各車の前面と側面がデザインされています。

 

発売開始:2018年2月3日(土)

発売箇所:江ノ電グッズショップ藤沢店・鎌倉店(ことのいち鎌倉)

発売価格:各300円(税込)

※2月2日から開催のヨコハマ鉄道模型フェスタ2018会場にて先行発売いたします。

江ノ電グッズショップ江ノ島店は建替え工事のため3月中旬まで閉店しております。

お問合せ:江ノ電エリアサービス株式会社 0466-23-2351 (平日9時~17時)